紙鶴物置

アニメと声優と音楽とDJと読書

『冴えない彼女の育てかた9』を読みました。

紙鶴です。丸戸史明 著の『冴えない彼女の育てかた9』(富士見ファンタジア文庫)を読みました。

冴えない彼女の育てかた9 (富士見ファンタジア文庫)

冴えない彼女の育てかた9 (富士見ファンタジア文庫)

 

プロデューサーに天敵・波島伊織を加え、俺、安芸倫也が企画した新作同人ゲーム『冴えない彼女の育てかた』制作のため、ついに走り始めた新生「blessing software」。だが、その矢先―かつての仲間・英梨々の1枚のイラストが、サークル内に波紋を巻き起こしてしまった。「わたし、この人と比べられなきゃならないんですか…?」「なんなん、だろうね…もう」ライバルの進化に震える出海ちゃん、親友への苛つきを抑えきれない加藤、そして幼なじみと仲直りをしたはずの俺は…。新生サークル最初の危機、救世主は思わぬところから!?
「BOOK」データベースより

澤村・スペンサー・英梨々が周囲に及ぼす影響に終始した巻。

 

対:波島出海ちゃん
フィールズ・クロニクルのPVでのイラストが絶大な影響を及ぼした。知らない間に絵が似ていくくらいに個性を潰した。最終的に倫也のシナリオで復帰。

対:安芸倫也
自分を含めた英梨々を取り巻く人間関係にギスギスする。シナリオのネタにした点は唯一の加点対象なのかもしれない。

対:加藤恵
友達として親友として英梨々を許せない気持ちから未だに仲直りできず。こちらも出海ちゃん同様倫也のシナリオに活路を見いだす。

 

 

 

倫也が英梨々との思い出をなぞり、ギャルゲーのストーリーに組み込んだ点が今回の大きなポイントでした。

実在する人物をネタにする。ということはメインヒロインである加藤恵との(これから紡ぐ)物語もシナリオに組み込まれるってことで。

「安芸くん」ではなく「倫也くん」と呼び、食べかけのサンドイッチを食べるようになり、メインヒロインのストーリーを「期待している」と言う加藤恵はもう……………………。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加藤……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恵……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の影響を受ける暇もないくらいの影響を与えてしまえばいい。
一番刺さった言葉。

 

 

 

 

加藤恵の『人に気にされない』特徴に対する嫉妬、羨望、劣等感を抱く英梨々。

あまりに人間すぎる。