紙鶴物置

アニメと日記

『愚者のエンドロール』を読みました。

紙鶴です。米澤 穂信 著の『愚者のエンドロール』(角川文庫)を読みました。

愚者のエンドロール (角川文庫)

愚者のエンドロール (角川文庫)

 

 「折木さん、わたしとても気になります」文化祭に出展するクラス製作の自主映画を観て千反田えるが呟いた。その映画のラストでは、廃屋の鍵のかかった密室で少年が腕を切り落とされ死んでいた。誰が彼を殺したのか?その方法は?だが、全てが明かされぬまま映画は尻切れとんぼで終わっていた。続きが気になる千反田は、仲間の折木奉太郎たちと共に結末探しに乗り出した!さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリの傑作。
「BOOK」データベースより

古典部〉シリーズの2作目。オチがわかっていてもおもしろいものはおもしろい。そんな感じ。

 

あとがきに載っていた2作を備忘録として載せておく。

・アントニイ・バークリー 著『毒入りチョコレート事件』

毒入りチョコレート事件【新版】 (創元推理文庫)

毒入りチョコレート事件【新版】 (創元推理文庫)

 

 ロジャー・シェリンガムが創設した「犯罪研究会」の面面は、迷宮入り寸前の難事件に挑むことになった。被害者は、毒がしこまれた、新製品という触れ込みのチョコレートを試食した夫妻。夫は一命を取り留めたが、夫人は死亡する。だが、チョコレートは夫妻ではなく他人へ送られたものだった。事件の真相や如何に?会員たちは独自に調査を重ね、各自の推理を披露していく―。
「BOOK」データベースより

 

我孫子武丸 著『探偵映画』

探偵映画

探偵映画

 

映画界の鬼才・大柳登志蔵が映画の撮影中に謎の失踪をとげた。すでにラッシュも完成し、予告篇も流れている。しかし、結末がどうなるのか監督自身しか知らないのだ。残されたスタッフは、撮影済みのシーンからスクリーン上の犯人を推理していく…。『探偵映画』というタイトルの映画をめぐる本格推理小説
「BOOK」データベースより