紙鶴物置

備忘録とか好きなこととか

『氷菓』を読みました。

紙鶴です。米澤 穂信 著の『氷菓』(角川文庫)を読みました。

氷菓 (角川文庫)

氷菓 (角川文庫)

 

いつのまにか密室になった教室。毎週必ず借り出される本。あるはずの文集をないと言い張る少年。そして『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実―。何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年・折木奉太郎は、なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに。さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ登場!第五回角川学園小説大賞奨励賞受賞。
「BOOK」データベースより

アニメ版「氷菓」を定期的に見たくなってしまう病気にかかっていまして、それが再発した今日この頃。見終わる度に「アニメの続きが見てぇ~~~」となってしまうので、小説を読むことにしました。読み終わって最初に思ったのが、アニメの原作再現度がすげえってことです。すげぇ。あと、面白い話はオチがわかっていても楽しめるんだなと。面白かったです。そんな感じです。