紙鶴物置

アニメと声優と音楽とDJと読書

2022年上半期に見た映画の感想

紙鶴です。表題通り。順番は見た時系列順。以下ネタバレ含みます。悪しからず。

 

採点基準

★★★★★:何回見ても飽きないレベルでおもしろい
★★★★☆:人におすすめするレベルでおもしろい
★★★☆☆:普通レベルでおもしろい
★★☆☆☆:自分には合わなかったなーレベルでおもしろい
★☆☆☆☆:つまらない

 

ーーーーー

ーーーーー

【★★★★☆】呪術廻戦0

jujutsukaisen-movie.jp

『呪術廻戦』の前日譚。乙骨くんと里香ちゃんのイチャラブストーリー。

IMAXで視聴。超特大エンターテイメントで最高でした。アニメ版と同等、それ以上に洗練されたバトルシーンと気合の入った変態作画クオリティが無限に続く感覚。五条先生の唇がぷるぷるすぎてずっと見ちゃってた。出演陣も素晴らしく、特に乙骨役の緒方恵美さんの芝居に圧倒されっぱなしでした。加えてあの折本里香(CV:花澤香菜さん)ですよ。性癖歪む。

 

【★★★★★】映画大好きポンポさん

pompo-the-cinephile.com

映画オタクのジーンくんがポンポさんと映画を撮る話。

冒頭のシーンからアランくんが登場していたり、喫茶店にフランちゃんいたりと、2回目だから気付けるところも多々あってまた最高になっちゃった。2回目も泣いた。多分3回目も泣く。

 

【★★★★★】セッション(吹替)

session.gaga.ne.jp

偉大な音楽家を目指す少年と素晴らしい先生が切磋琢磨して一流になる話。嘘言いました。すみません。

もう何回見たかわからないくらい見てるのに最後まで解けない緊張は何度見ても変わらず、最後まで楽しめました。壤晴彦さんの吹替が本当に良い。キャプテンバルボッサのころから好き。この映画は何回も見ていることもあり、だんだん内容や芝居への理解が深まってきたように思います。ニーマンから父親へ向く感情もだんだんとわかってきたような。

 

【★★★☆☆】アルキメデスの大戦

www.toho.co.jp

天才数学者が戦艦を作るのに必要な費用を割り出し、軍内の対抗勢力をぎゃふんと言わせる話。

ストーリーはわかりやすくてストレスなく見られました。特に終盤30分の会議終わりから例の”密会”のシーンがかなり良かったです。その反面、違和感を覚えるくらいの異常CG演出やダレる会話等、日本映画の悪いところが存分に出ていて集中力が続かなかったのが本音。前半の戦争シーンのエフェクトとか会議中の本筋とは関係ない下世話な話とか。『DESTINY 鎌倉ものがたり』(本作と同じく山崎貴監督作品)でも感じた演出違和感がそのまま出ていました……。日本映画からどんどん心が離れていってしまう。

 

【★★★☆☆】エクストリームジョブ(吹替)

klockworx-asia.com

刑事が張り込み捜査をするためにチキン屋を開業したらうまくいっちゃった話。

田所あずさと天津向のどうせワレワレなんて』ep229きっかけで視聴。伏線や複雑な展開は一切なく、頭空っぽにして楽しめるギャグコメディでした。笑えるところも多々あるのですが、前半のチキン屋開業するまでと後半の戦闘シーンが長く感じてしまいました。個人的にはもうちょいサクサクテンポの方が好きかなー。

 

【★★★☆☆】ドント・ルック・アップ(吹替)

eiga.com

地球に接近している隕石に気付いた天文学者が隕石が落ちてくるまでに悪戦苦闘する話。

ホラー映画でした。この状況に直面したら自分はどうなってしまうのか……。正常バイアスの恐ろしさを感じた作品。アメリカ国家が最後まで面白いくらい悪役している感じだったり、補佐官の声優が奈良徹さん(ハングオーバーのアランと同じ)だったり、コメディ作品要素が随所で感じられる反面、そのコメディ要素がホラー要素と混ざり合って気持ち悪さに拍車をかけていました(誉めてます)。ブラックジョークが効きすぎてて胃もたれする……。あと宇宙シーンと機械のCGがすごかったです。そこまで力入れる必要あった?ってくらい。

 

【★★★★★】スパイダーマン:スパイダーバース(吹替)

bd-dvd.sonypictures.jp

別次元のスパイダーマンが一堂に会し、悪と戦う話。

劇場公開時ぶり2度目の視聴。もうオープニングクレジット のグリッチエフェクトから最高。終始ゲーム版の『Marvel's Spider-Man』やアメコミ要素を随所に散りばめた演出と細部まで魅せる映像美によって飽きが来ない画面が永遠に続く。加えてストーリーはもちろん、音楽、各キャラの登場天丼ネタ、エンドクレジットに至るまでド頭から最後の最後までずっとおもしろい。続編期待してます。

 

【★☆☆☆☆】新解釈・三國志

shinkaishaku-sangokushi.com

ギャグコメ三國志

 

【★★★☆☆】MEMORIES

ja.wikipedia.org

「彼女の想いで」、「最臭兵器」、「大砲の街」の3つのストーリーからなるオムニバス映画。映画というより中編OVAセット。

それぞれ単品のOVAアニメとして見たら★5なんですけど、1本の映画として見た場合★3の評価に……。というのも全部内容が濃すぎるんですよ。なので私は3本のお話をそれぞれ日を分けて見ました。1995年でこのクオリティは異常。作画はもちろん、ストーリーも45分でやるドラマ性じゃない。『AKIRA』でお馴染みの大友克洋さん監修作品なので当たり前っちゃあ当たり前なんですが。

 

【★★☆☆☆】ボビー・フィッシャーを探して(吹替)

ja.wikipedia.org

実在のチェスプレイヤー、ジョシュ・ウェイツキンの少年時代の話。

チェスの話も家族の話もなんだかうーん……。チェス作品ということもあり、『クイーンズ・ギャンビット』と比較してしまったのがよくなかったのかもしれない。

 

【★★★☆☆】JUNK HEAD(字幕)

gaga.ne.jp

SFグロギャグのストップモーションアニメ。

インターネットの過大評価に釣られました。3部作の第1作目なので映画単体の面白さは正直そこまで……といった感じでした。序章だと考えるとちょっと長い。とはいえ、設定はかなり興味をそそられるものなので続編に期待(万人におすすめできるものではないですが)。キャラクター全般気持ち悪い造形をしているのに段々とかわいく見えてくるから不思議。私は地獄の3人が好き。

 

【★★☆☆☆】グッバイ、ドン・グリーズ!

donglees.com

仲良し3人組が飛ばしたドローンの行方を追って冒険に出る話。

うーん……。『宇宙よりも遠い場所』と同じ、いしづかあつこ監督作品ということもあり、期待しすぎていたのは否めないですが……。よりもいみたいに各キャラにスポットが当たって深堀りできるくらいの尺があれば評価変わってきたのかもしれません。感情移入もままならない状態で終わってしまった感じがします。所々「いや、そうはならんやろ」シーンが見られたのも冷めてしまった要因かも。村瀬歩さんの芝居が光ってたことだけが印象的でした。

 

【★★★☆☆】ドリームプラン(字幕)

wwws.warnerbros.co.jp

娘ふたりをプロテニスプレーヤーに育てる父ちゃんの話。

良くも悪くもエンターテインメントとしてのドキュメンタリー寄り映画としてはよくできていると思いました。レビューをいくつか見ると人種差別も父親像も現実よりはマイルドに(悪く言うと都合よく改変されて)描かれているよう。それでもウィル・スミスの父親役がドはまりしていてその魅力を渦の中心として作品に引き込まれていったのは否めません。面白くて熱い父親が強いんよ。

 

【★★★☆☆】ブルーサーマル

blue-thermal.jp

ひょんなことから体育会航空部に入った主人公が空に魅せられていく話。

惜しい。惜しすぎる。もうちょい頑張ってほしかった……。グライダーの競技の説明もそこそこに試合が繰り広げられ、各キャラクターの行動もいまいちピンと来ず、内容は悪くないのにいまいち乗り切れない感じが続いてて……。つるたまがかわいいのと空の美術作画の素晴らしさで結構評価保ったところある。明らかに時間足りてない感は否めなかった。ワンクールアニメで競技も人間も掘り下げてくれたらめちゃくちゃ良かった気もする。……倉持潤、お前何?

 

【★★★☆☆】パワー・オブ・ザ・ドッグ(吹替)

eiga.com

牧場を経営する兄弟の話。

負の感情が発酵した独特の香りが終始漂う映画。家族内に漂う嫌な緊張感が続く前半、その緊張感が溶解されていく後半、そして最後に起こるカタルシス。全体としてはあまり好きなタイプの映画ではないのに、構成力と映像美に見事ハマりました。吹替で見たのですが、ピーターを演じる内山昂輝さんの芝居が妖艶で素晴らしかったです。

 

【★★★★★】THE BATMANザ・バットマン-(字幕)

wwws.warnerbros.co.jp

バットマン2年目のブルースが知能犯リドラーとのなぞなぞクイズバトルをする話。

ロバート・パティンソン演じるブルース・ウェインの風貌といい、アクションシーンといい、作品を包む空気全てが重く苦しくそれでいてかっこいい。CMで散々見たシーンでも劇場で見るとひと味もふた味も違って見えるし、アクション全部良すぎて声出そうになるくらいのクオリティ。暴力で敵をゴリゴリ捻じ伏せていく展開なんですよ、結局最高なのは。アクションパートとストーリーパートの配分も丁度よく、終始飽きさせない見せ方も素晴らしかったです。最高の映画でした。IMAX環境で見られて本当に良かったと思える映画体験でした。「ワーナー ブラザース ジャパン」のTwitter宣伝だけが最悪。

 

【★★★★☆】ボヘミアン・ラプソディ(字幕)

www.20thcenturystudios.jp

フレディ・マーキュリーの話。

ようやく見ました。孤独と向き合い、挫折を繰り返しながらも前に進む姿が感動的でした。『セッション』然り、最後をライブシーンで締める作品が好きなのかもしれん。

 

【★★★★☆】tick, tick... BOOM! : チック、チック…ブーン!(吹替)

eiga.com

実在の作曲家ジョナサン・ラーソンの生涯を描いた話。

自叙伝をミュージカル風に仕立て上げた本作。夢を追うことへの魅力が十分に詰まっている喜劇でした。ジョナサンの周りの人たちが魅力的な人ばかりなのもあり、多幸感に満たされました。特にジョナサンの親友マイケルが名脇役で一番好き。明らかなCG演出がちょっと世界観を壊していてそこだけ気になりました。

 

【★★★☆☆】今日もどこかで馬は生まれる 

creempan.jp

競走馬とその引退馬に焦点を当てたノンフィクション映画。

netkeibaさんで無料公開されていたのをきっかけに視聴。国内生産馬の約8割にあたる競走馬に関わるファン、馬主、屠畜場、NPO法人、記者、生産者らを通して現状を見つめ直すことができました。競馬を楽しむ上で目を背けてはいられない現状をフラットな視線で語る良作。

 

【★★★★☆】マイ・インターン(吹替)

wwws.warnerbros.co.jp

独り身のおじいちゃんがイケイケファッション業界にインターンする話。

ロバート・デ・ニーロ演じるベンとアン・ハサウェイ演じるジュールズの2人の時間の流れが緩やかに調和していく、この心地よさたるや……。年を重ねたからこそ出せるベンの人間的な魅力に惹き込まれました。こういう年のとり方をしたいものです……。

 

【★★☆☆☆】RED(吹替)

eiga.com

元CIAが組織から追われるようになっちゃったからなんとかして生き延びようとする話。

ブルース・ウィリスモーガン・フリーマンジョン・マルコビッチ等々豪華出演者なのになんでこうなっちゃったんだ……。

 

【★★★★☆】ジョン・ウィック(吹替)

johnwick.jp

マフィアに飼い犬殺されて車も盗まれた元殺し屋が復讐しにいく話。

「わしゃがなTV」で紹介されていたのをきっかけに視聴。キアヌ・リーブスのかっこよさ、銃撃シーンのスタイリッシュさだけでもう絵ができちゃうすごさ(肉弾戦はそんなに)。加えてコメディ要素の塩梅が最高でした。””ロシア語わからないから英語で話して””くんがかわいいし、何度も出てくるディナーの人たちにも愛着がわいてくる。吹替の配役もばっちりの作品です。続編も見なきゃ。

 

【★★☆☆☆】Mr.ノーバディ(吹替)

www.universalpictures.jp

バスでボコった不良がマフィアの弟で復讐されそうになるけど、それを返り討ちにする話。

復讐アクションものとしてジョン・ウィックと比べると見劣りする内容でした。後半におじいちゃんが銃ぶっ放しまくるシーンは最高でした。

 

【★★★★☆】海辺のエトランゼ

etranger-anime.com

2人の少年の恋愛を描く沖縄が舞台のアニメ映画。

正直予想以上でした。まずなにより作画が素晴らしかったです。色彩豊かに描かれた花や海、美味しそうな食事、そして表情豊かに動き回る登場人物、どれをとっても丁寧な仕事が感じられます。紀伊カンナ先生のキャラデザも相まってすぐ世界観の虜に。

ストーリーも終始爽やかさが溢れているのに設定が鬼のように盛り込まれてて心が大変でした。常に唸っていた気がする……。男性同士の恋愛、女性同士の恋愛、男女の恋愛、いずれにおいても人と人が惹かれあう話なんだと感じる作品でした。女の子の同性カップルいるなんて思ってもみなかったしね……。

余談ですが、男性声優さんの性○為の芝居初めて聴いたかもしれません。松岡くんの若々しいえっち声でちょっと笑いそうになっちゃった。

 

【★★★☆☆】シン・ウルトラマン

shin-ultraman.jp

現代版ウルトラマン

IMAXで視聴。期待しすぎていたのもあってか「普通に面白かったなー」程度で終わってしまった。『シン・ゴジラ』と比較すると終盤のカタルシスが薄く、盛り上がりに欠ける終わり方だったのも要因としてあるような。うーん。

 

【★★☆☆☆】バブル

wwws.warnerbros.co.jp

泡版天気の子。

制作陣の名前を前面に出しているあたりから感じていた不安が見事的中しました……。躍動感溢れるパルクールのシーンや、『甲鉄城のカバネリ』『Vivy -Fluorite Eye's Song-』を彷彿とさせる決め絵など、WIT STUDIOクオリティを存分に感じられたのは良かったのですが、ストーリーはかなり中途半端。ボーイミーツガールとして見ても(ウタの行動が常軌を逸しているのもあり)違和感があるし、ファンタジー・SF系として見ても降泡現象の設定が甘く本編に集中できませんでした。結局なんだったの感。絵と音楽の力はあったから映画館で見たら評価変わっていたのかもしれません。

 

【★★★☆☆】トップガン(字幕)

eiga.com

エリートパイロット養成所「トップガン」で訓練する男たちの話。

トップガン マーヴェリック』を見るための予習として視聴。1986年の映画なので今見るとそれなりの古さは感じるものの、楽しく見れました。あと当たり前なんですがトム・クルーズが若いです。若さ溢れるエネルギッシュさ全開で終始かっこいい。トム・クルーズってマジでずっとかっこいいんだな……。

肝心のスカイアクションは正直臨場感に欠ける印象でした(最終戦闘以外)。当時の撮影技術の限界もありますし、何よりマスクをしているので誰が話しているのか全然わかりませんでした……(マスクに名前書いてあるのを後日友人から聞かされる)。

ラストのがめちゃ好き。ここから『トップガン マーヴェリック』に続くものもマジで好き。

マー「教官の仕事を」
上官「トップガンで? 思いやられる」

 

【★★★★★】トップガン マーヴェリック(字幕)

topgunmovie.jp

トップガン』の続編。トップガンの生徒がマーヴェリック指導の下で高難易度ミッションに挑む話。

2022年上半期No.1映画です。

冒頭シーンはトップガンを再現しているし、スカイアクションは現代最高峰のクオリティで臨場感が凄まじかったし、ストーリーは続編としてこの上ないほどの内容だったし、なによりグースの息子ルースターとマーヴェリックの関係はグースとマーヴェリックを、ルースターとハングマンの関係はマーヴェリックとアイスマンを彷彿とさせるようになっているのも熱いし、コーヒーこぼすおじさんは健在だし、もう言うことないです。傑作です。

 

【★★☆☆☆】犬王

inuoh-anime.com

でっかいでっかいでっかいくじら~~~。

苦手なタイプの湯浅作品でした。歌パートが長くてきつかったです。

 

【★★☆☆☆】dune 砂の惑星(吹替)

wwws.warnerbros.co.jp

尺長いわりに全然話進まん!!!!!!!!!  2部作だったとしてもこの終わり方はどうなの……って思ってしまうくらいには尻切れトンボ。映像はめちゃ良かったです。

 

 

総括

今年の目標でもある映画視聴は割と順調に進められたと思います。上半期30本。

[週1] 映画1本 サブスクでいつでも見られる状況に甘えてしまっている自分を脱却したい……。観たい観たい言うだけでごろごろしてる人間にはなりたくない……。

2022年の目標 - 紙鶴物置

 

★5をつけた作品は以下。やっぱりトップガン マーヴェリック』が1番かなー。『THE BATMANザ・バットマン-』は次点。それ以外は再視聴なので特になし。

【★★★★★】映画大好きポンポさん
【★★★★★】セッション(吹替)
【★★★★★】スパイダーマン:スパイダーバース(吹替)
【★★★★★】THE BATMANザ・バットマン-(字幕)
【★★★★★】トップガン マーヴェリック(字幕)

 

★4は以下。洋画だとマイ・インターン、アニメだと『海辺のエトランゼ』が★4の中でも上位。

【★★★★☆】呪術廻戦0
【★★★★☆】ボヘミアン・ラプソディ(字幕)
【★★★★☆】tick, tick... BOOM! : チック、チック…ブーン!
【★★★★☆】マイ・インターン(吹替)
【★★★★☆】ジョン・ウィック(吹替)
【★★★★☆】海辺のエトランゼ

 

下半期もコンスタントに映画見ていくぞ~~~。できるだけ見てすぐに感想まとめるようにな、自分。